アオモンイトトンボ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アオモンイトトンボ

アオモンイトトンボの成虫(オス).アジアイトトンボに酷似するが,やや大型で矢印が指す部分(第8腹節という)が全体的に青くなる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 18, 2019)
アオモンイトトンボ未成熟成虫(メス).アジアイトトンボの未成熟成虫(メス)に似るが,本種では背面の黒色条が腹部第一節に達しない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 20, 2018)

目次

アオモンイトトンボ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Ischnura senegalensis

分類

  • イトトンボ科 Coenagrionidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • ため池や田んぼ,湿地などの止水域でよく見られるイトトンボ.
  • メスにはオスと酷似した色の個体(同色型)がいる.
  • 東広島キャンパスではふれあいビオトープの湿地などで見られる.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アオモンイトトンボ