アラカシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
アラカシQuercus glauca Thunb. 広島県東広島市鏡山 Hiroshima University, Higashi-hiroshima, Hiroshima, Japan(撮影: 坪田博美.March 23, 2016)
アラカシの堅果(けんか)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 松坂啓佑, Nov. 29, 2019)

アラカシ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名

学名

  • Quercus glauca Thunb.

分類

  • ブナ科 Fagaceae

分布

  • 本州(宮城県・石川県以西)・四国・九州に分布.国外では,朝鮮半島(含,済州島)・中国・台湾・インドシナからヒマラヤにかけて広く分布する.

東広島キャンパスの花期

  • 4-5月

特徴

  • ブナ科の常緑高木で,照葉樹林の構成種のひとつ.
  • 果実は堅果(けんか)で,いわゆる「どんぐり」.卵円形で,長さ1.5-2 cm.年内に熟すが比較的熟すのは遅い(1年成).
  • 同じブナ科のシラカシ同様,街路樹や生垣などに利用される.
  • 東広島キャンパスでは,理学部周辺や生物生産学部周辺で多くみられる.

English

English name

  • Ring-cupped oak

Scientific name

  • Quercus glauca Thunb.

Taxonomy

  • Fagaceae

Distribution

  • Honshu (westward from Miyagi and Ishikawa Prefectures), Shikoku, Kyushu.

Widely distributed in the Korean Peninsula (including Jeju Island), China, Taiwan, Indochina and the Himalayas.

Flowering season

  • April-May

Notes

中文

中文名 Chinese name

  • 青刚栎

科学名

  • Quercus glauca Thunb.

分类

  • 山毛榉科 Fagaceae

分布

  • 主要广泛分布于中国,朝鲜半岛(济州岛),印度及日本等地区。在日本主要分布在本州(宫城县,石川县以西),四国,九州。

开花季节

  • 4-5月

解说

  • 山毛榉科的常绿高木,是照叶林群落的构成种之一。可以作为树篱。
  • 果实是坚果。 果实呈卵圆形,长度1.5-2cm左右。果实成熟较晚。
  • 和同科的山毛榉科的小叶青冈作为行道树和树篱。
  • 在东广岛校园内,可以在理学部和生物生产学部附近很容易看到。

ギャラリー

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > アラカシ