イチョウ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
黄葉したイチョウ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Oct. 27, 2020)
イチョウの種子(銀杏,ぎんなん).果肉状の部分は外種皮.(広島県東広島市 東広島キャンパス; 撮影: 池田誠慈, Sep. 30, 2016)

イチョウ(広島大学東広島キャンパスの植物)

和名 Japanese name

別名

  • チチノキ
  • 銀杏
  • 公孫樹

学名

  • Ginkgo biloba L.

分類

  • イチョウ科 Ginkgoaceae

分布

  • 中国原産.

東広島キャンパスの花期

  • 4-5月

特徴

  • 中国原産の世界で最古の現生樹種の1つ.裸子植物の落葉高木.雌雄異株.
  • 日本には古くから持ち込まれ,神社やお寺,公園などに広く植栽されている.現在では世界中に植栽されている.
  • 花粉は風で運ばれ,夏に受精する.夏の最も暑い時期に若い種子を割って顕微鏡で観察すると精子が確認できる.受精しなかったものは青いまま落ちてしまう.
  • 種子は秋に成熟し,銀杏(ぎんなん)と呼ばれ可食.
  • 秋の黄葉(こうよう)が美しい.
  • 北1ゲートから理学部に沿って植栽されており,「イチョウ通り」と呼ばれている.

English

English name

  • Ginkgo (or gingko), maidenhair tree

Scientific name

  • Ginkgo biloba L.

Taxonomy

  • Ginkgoacea

Distribution

  • Native to China, but nowadays planted all over the world.

Flowering season

  • April-May

Notes

  • One of the living fossils in the world. Deciduous, dioecious gymnosperm tree.
  • Ginkgo was introduced to Japan in the ancient times and is now widely planted in shrines, temples, and parks.
  • Pollen is carried by wind and fertilization occurs in summer. Sperms can be observed under microscope in cracked ovules during the hottest time in summer. The ovules that are not fertilized remain green and then fall off.
  • The seeds maturing in autumn are called ginkgo nuts ("ginnan" in Japanese), which are edible.
  • Beautiful yellow leaves in autumn.
  • Ginkgo trees are planted from North Gate 1, along Faculty of Science, and are called "Ginkgo Avenue" (Ichou-dori).

中文

中文名 Chinese name

  • 银杏

科学名称

分类

  • 银杏科 Ginkgoacease

分布

  • 原产于中国。

开花季节

  • 4-5月

解説

  • 该树是原产于中国,并且是世界范围内现存树种中最古老的一种。该种是裸子植物,落叶,高大树木。雌雄异株。
  • 日本很早就引入该树种,在神社,寺庙以及公园等广泛种植。现今,在全世界都可以看到该树种。
  • 该树种依靠风传粉。夏季是受粉时节。在夏天最热的时候,摘取种子并解剖,可以在显微镜下观测到精子的存在。
  • 未受精的部分会呈现蓝色直至掉落。

ギャラリー Gallery 画廊

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > イチョウ