イヌマキ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

イヌマキ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

学名

  • Podocarpus macrophyllus (Thunb.) Sweet f. spontaneus H.Ohba & S.Akiyama

分類

  • マキ科 Podocarpaceae

分布

  • 本州(関東以西の主として太平洋側)・四国・九州・琉球の海岸に近い山地に生え,台湾・中国大陸に分布する.

東広島キャンパスの花期

  • 調査中

解説

  • マキ科の常緑高木.
  • 庭木として植えられ,暖地では生垣に利用されることが多い.
  • 中国の原産といわれ,古くから庭園,特に生垣として植えられる.

English

English name

Scientific name

  • Podocarpus macrophyllus (Thunb.) Sweet f. spontaneus H.Ohba & S.Akiyama

Taxonomy

Distribution

Flowering season

Commentary

中文

中文名 Chinese name

  • 罗汉松

科学名称

  • Podocarpus macrophyllus (Thunb.) Sweet f. spontaneus H.Ohba & S.Akiyama

分類

  • 罗汉松科

分布

  • 在日本主要分布于本州(主要是关东以西的太平洋一侧)四国,九州,琉球海岸等地的山地。台湾中国大陆也有分布。

开花季节

解説

  • 罗汉松科的常绿乔木。
  • 它可以作为庭园树木种植,在温暖的气候下常被用作绿篱。
  • 据说它起源于中国,自古以来就被种植在园林中,尤其是作为绿篱。


ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > イヌマキ