エゴツルクビオトシブミ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > エゴツルクビオトシブミ

エゴツルクビオトシブミの成虫(オス).オスは首が長い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 8, 2020)
エゴツルクビオトシブミの成虫(オス).オスは非常に首が長く,本当に鶴のような形をしている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 14, 2019)

エゴツルクビオトシブミ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Cycnotrachelus roelofsi

分類

  • オトシブミ科 Attelabidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 全身が黒く,オスは非常に首が長いゾウムシ.
  • メスはエゴノキの葉でゆりかごを作り,その中に産卵する.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > エゴツルクビオトシブミ