エゴマ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > エゴマ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

エゴマ Perilla frutescens (L.) Britton

シノニム

  • Perilla frutescens (Linn.) Britton var. frutescens(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > シソ科 Lamiaceae > シソ属 Perilla

解説

  • インド,中国南部が原産地と推定され,古くから荏油(えのゆ)を種子から採取するために栽培された.
  • 縄文時代の遺跡からも種子が出土している.
  • 中世では瀬戸内海沿岸でさかんに栽培され,現在,それが野生化して残っている.
  • シソ(紫蘇)[var. crispa (Thunb.) Decne.]は同種であるが,よい香りがある.
  • エゴマはシソより大形で,果実のがくの長さ1 cmに達し,悪臭がある.
  • 広島県では,エゴマは少なく,レモンエゴマの方が多い.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • インド,中国南部が原産地と推定される.

産地

天然記念物

標本

  • 広島市古川(zs-2020),三良坂町田戸(ts-910943),三次市上畠敷(rn-10330),神辺町川南(sf-3071),油木町貝原(yy-6754),新市町神谷川(yy-14948)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 48800

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる