オオマルバノテンニンソウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > オオマルバノテンニンソウ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

オオマルバノテンニンソウ Leucosceptrum stellipilum (Miq.) Kitam. & Murata var. tosaense (Makino) Kitam. & Murata

シノニム

  • Leucosceptrum stellipilum (Miq.) Kitam. et Murata var. tosaense (Makino) Kitam.(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > シソ科 Lamiaceae > テンニンソウ属 Leucosceptrum

解説

  • 広島県と四国との関連を示す貴重な植物である.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,吉和村冠山山系に分布し,ブナ林域の渓谷に群生する.個体数は多い.

産地

天然記念物

標本

  • 吉和村十方林道(yy-6170)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 準絶滅危惧(NT)
  • 環境庁コード: 48580
  • 県RDB

文献(出典)

  • 堀川ほか(1959)(テンニンソウとして),堀川ほか(1966)(ミカエリソウとして),土井(1983),吉野(1989),須田ほか(1991),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる