オキナワスジゲンゴロウ

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > オキナワスジゲンゴロウ

オキナワスジゲンゴロウ(沖縄県八重山郡竹富町; 撮影: 國井秀剛, Sep. 05, 2023)

オキナワスジゲンゴロウ Hydaticus vittatus (Fabricius, 1775)

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > コウチュウ目 Coleoptera > ゲンゴロウ科 Dytiscidae > ゲンゴロウモドキ亜科 Dytiscinae > シマゲンゴロウ属 ‎Hydaticus > オキナワスジゲンゴロウ Hydaticus vittatus

解説

  • 体長11.0-14.0mm程度. Y字型の特徴的な模様が上翅に入る. 腹部は茶褐色である.
  • 水質の良い植物の豊富な止水域特に浅く開けた湿地に生息している.
  • 日本の水生昆虫によると, 2000年代初頭までは比較的普通種であったが, 近年各地で激減しており極めて危機的な状況にある.

分布・産地・天然記念物・RDB

分布

  • 南西諸島(屋久島以南)
  • 中国, 台湾, 東南アジア, インド北部

産地

天然記念物・RDB

  • 環境省RDBカテゴリ:絶滅危惧II類(VU)

慣用名・英名・方言

慣用名

英名

方言

ギャラリー

関連ページ

インターネットリソース

参考文献

  • 中島 淳・林 成多・石田和男・北野 忠・吉富博之. 2020. ネイチャーガイド 日本の水生昆虫. 352 pp. 文一総合出版, 東京.
  • 横塚只眞己人. 2023. 西表島フィールド図鑑, 改訂新版. 304 pp. 株式会社実業之日本社, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > オキナワスジゲンゴロウ