カトリヤンマ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > カトリヤンマ

成熟したカトリヤンマの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 22, 2020)
カトリヤンマの成虫(オス).日中は薄暗い林内で休んでいることが多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 27, 2020)
カトリヤンマの成虫(メス).写真ではわかりにくいが産卵している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 20, 2018)

カトリヤンマ

和名

学名

  • Gynacantha japonica

分類

  • ヤンマ科 Aeshnidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 水田を中心に止水域で見られるヤンマ.
  • オスの尾部付属器がとても長いことが特徴.
  • 夕方に活発に飛翔する.
  • 東広島キャンパスでの個体数は少ない.

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > カトリヤンマ