クロバナヒキオコシ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > クロバナヒキオコシ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

クロバナヒキオコシ Rabdosia trichocarpa (Maxim.) Hara

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > シソ科 Lamiaceae > ヤマハッカ属 Rabdosia

解説

花期

  • 花は8~9月に開花し,黒味を帯びた濃紫色.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県東部の吉備高原面から中国山地に分布し,路傍,草原,林縁などに生育するが稀である.
  • 本種は日本海側の多雪地帯に分布するもので,広島県はほぼ南限にあたる.

産地

天然記念物

標本

  • 東城町栃木(yy-11354),高野町高暮(rn-6515),西城町奥二本栃(yy-14784)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 49010

文献(出典)

  • 高木(1931),山下(1977),土井(1983),比婆科学教育振興会(1994b),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

文献(引用)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる