コオイムシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > コオイムシ

コオイムシの成虫.オオコオイムシよりも低地に多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 17, 2019)
越冬中のコオイムシの成虫.体長は15mmほど(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jan. 31, 2020)

コオイムシ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Appasus japonicus

分類

  • コオイムシ科 Belostomatidae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 平地~山地の止水域や流れの緩やかな浅瀬に生息する.
  • 巻貝や小昆虫などを捕らえてその体液を吸う.
  • 和名はオスが卵を背負い,世話をする生態に由来する.
  • オオコオイムシに似るが,より小型の個体が多く,体色は薄い.
  • 東広島キャンパスではオオコオイムシと混生しているポイントが存在し,本種はため池の,開けていて水生植物の豊富な止水に見られる.
  • キャンパス内では角脇調整池や各地の止水域で見られる.

備考

参考文献

  • 槐 真史・伊丹市昆虫館. 2013. ポケット図鑑日本の昆虫1400 (1) チョウ・バッタ・セミ. 320 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > コオイムシ