シダレザクラ 廣島大學櫻曼荼羅

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 廣島大學櫻曼荼羅‎ > シダレザクラ

シダレザクラの花(広島県東広島市鏡山 東広島キャンパス国際協力研究科; 撮影: 池田誠慈, Apr. 2, 2019)
シダレザクラ(枝垂桜)の花(広島県東広島市鏡山 東広島キャンパス国際協力研究科; 撮影: 池田誠慈, Apr. 6, 2020)
シダレザクラ(枝垂桜)の花(広島県東広島市鏡山 東広島キャンパス西駐車場; 撮影: 池田誠慈, Apr. 6, 2020)

シダレザクラ Cerasus itosakura (Siebold) Masam. & S.Suzuki f. itosakura

シダレザクラ(Shidare-zakura 枝垂桜):C. itosakura f.Itosakura

エドヒガン群栽培品種.3月下旬~4月中旬開花.一重.花径2 cm.花弁は白色から淡紅色,紅紫色までさまざま.枝が垂れ,全体として枝垂れる樹形となる.開花が先行し次いで葉が展開する.葉身は長楕円形.古くから栽培され大木になり,各地で天然記念物に指定されたものが多い.花色が濃い系統をベニシダレと呼んで分ける場合もあるが,花色の変異が大きいため最近は白色のものから紅色のものまでも含めてシダレザクラ(イトザクラ)と呼ぶことが多い.同様に枝垂れる樹形となるサトザクラ系栽培品種のセンダイシダレとは起源が異なる.

別名

シノニム synonym

解説

  • 栽培品種(エドヒガン群栽培品種)
  • 植栽
  • 花色が紅色のものをベニシダレとして分けることもあるが,花色に変異があるため最近は白色のものから紅色のものまでも含めてシダレザクラ(イトザクラ)とすることが多い.

広島大学内での生育場所

  • 西駐車(東広島キャンパス)

由来

イトザクラ(イトシダレザクラ,シダレザクラ)(糸桜(糸枝垂桜,枝垂桜))

基本データ

和名・品種名
糸桜(糸枝垂桜)
読み
イトザクラ(イトシダレザクラ)
開花期
3月下旬
淡紅色
花弁数
一重
サイズ
高木
樹形
枝垂れ
場所
西駐車
本数
3

ギャラリー


広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 廣島大學櫻曼荼羅‎ > シダレザクラ