シロヒトリ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > シロヒトリ

シロヒトリの成虫(メス).腹部側面に赤と黒の斑紋が並ぶ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 9, 2020)
シロヒトリの幼虫.クマケムシという俗称をもち,高速で歩行する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 20, 2019)

シロヒトリ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Chionarctia nivea

分類

  • ヒトリガ科 Arctiidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 白い翅をもち,脚には赤い部分がある.
  • 腹部側面には黒と赤の斑紋が並ぶ.
  • オスはヘアペンシルというフェロモンを放出する器官をもち,メスを誘引する.
  • 幼虫はイタドリスイバギシギシなどを食べる.
  • 東広島キャンパスでの個体数は少ない.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > シロヒトリ