セグロイナゴ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > セグロイナゴ

セグロイナゴの成虫(オス).キャンパス内でも生息域は限られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 9, 2019)
セグロイナゴ成虫(オス).開けた場所にいるが,人が近づくと茂みの中へ逃げ込むように飛翔する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 13, 2018)
セグロイナゴの成虫(メス)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 13, 2018)
交尾中のセグロイナゴ.乾燥しておりチガヤが優占する草地に多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 2, 2019)

セグロイナゴ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Shirakiacris shirakii

分類

  • バッタ科 Acrididae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 胸部背面が黒く,白い線で縁取られているのが特徴.
  • 丈の低い植物がまばらに生えているような草地を好んで生息する.
  • 通常開けた場所にいるが,危険を感じると飛翔し,深い草むらの中に逃げ込む.
  • 東広島キャンパスでの個体数は少ない.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > セグロイナゴ