テングタケ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > テングタケ


テングタケ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • テングタケ
  • ヒョウタケ

学名

  • Amanita pantherina

分類

  • テングタケ科 Amanitaceae

解説

  • 夏から秋にかけて主に広葉樹林の地上に発生する.
  • 学名は傘表面の膜質のイボがヒョウ柄になっていることに由来する.
  • イボテン酸などの毒成分を含む強毒性.
  • かつてはイボテン酸の効能から,蠅を殺すのに利用された.

備考

参考文献

  • 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄(編著). 2011. 山溪カラー名鑑 日本のきのこ, 増補改訂新版. viii + 639 pp. 山と溪谷社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > テングタケ