ニセタカサゴ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

デジタル自然史博物館 > メインページ> 魚類図鑑 > ニセタカサゴ | 分類 / 和名順 / 学名順

ニセタカサゴ(鹿児島県口永良部島; 撮影: 門田, May, 2005)

ニセタカサゴ

シノニム

その他

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > スズキ目 Perciformes > スズキ亜目 Percoidei > タカサゴ科 Caesionidae

解説

  • 高知県以南の珊瑚礁域や岩礁域に棲息.
  • 体型は紡錘形,尾鰭両端に黒色斑を持ち,近縁種のタカサゴとは体側部中央を走る2本の黄色縦帯のうち下側の縦線が側線に沿うように位置することで区別される.
  • 体長は30 cmほど.
  • 追込み網などで漁獲され,刺身・塩焼き・唐揚げ・煮付けなどで美味.

天然記念物・RDB

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.

デジタル自然史博物館 > メインページ> 魚類図鑑 > ニセタカサゴ | 分類 / 和名順 / 学名順