ニホンアカガエル 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ニホンアカガエル

ニホンアカガエル成体(オス).1月下旬頃,繁殖のために一斉に水辺に集まる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, Jan. 29, 2016)
多数のニホンアカガエルのオスが一匹のメスをめぐって争う様子.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jan. 23, 2020)
今シーズン初のニホンアカガエルの卵隗(広島県東広島市鏡山; 撮影: 塩路恒生, Jan. 13, 2017)



ニホンアカガエル(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Rana japonica

分類

  • アカガエル科 アカガエル属

分布

  • 本州・四国・九州・壱岐・大隅諸島.八丈島には人為移入.

解説

  • 1月下旬頃,繁殖のために一斉に水辺に集まる.構内では生態実験園ふれあいビオトープが好適な産卵場所となっている.
  • 水田の乾田化や水田放棄により産卵場所が減少傾向にあり,広島県および環境省のレッドデータブック(RDB)で準絶滅危惧(NT)に指定されている.

ギャラリー

備考


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ニホンアカガエル