ハナタツナミソウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ハナタツナミソウ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ハナタツナミソウ Scutellaria iyoensis Nakai

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > シソ科 Lamiaceae > タツナミソウ属 Scutellaria

解説

  • 葉の両面に腺点があるのが特徴である.

花期

  • 花は5月に開花し,大形で美しい.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 吉備高原面から中国山地の渓谷に稀に分布.四国との関連を示す植物群のひとつで貴重である.

産地

天然記念物

標本

  • 佐伯町津田(km-4467),東郷山(rn-6766),滝山峡(rn-9952),福山市矢川(sf-5436)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ハナタツナミ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 49260

文献(出典)

  • 土井(1983),関ほか(1983b),井波(1985),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる