ハンノキハムシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ハンノキハムシ

ハンノキハムシの成虫.ハンノキ類の葉上に見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 9, 2019)

ハンノキハムシ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Agelastica coerulea

分類

  • ハムシ科 Chrysomelidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 主食はハンノキ,ヤシャブシ類,シラカバ.
  • 成虫出現期は4-8月.
  • 成虫越冬.
  • 全体が光沢のある黒青色.
  • 背面に強い点刻が密にある.
  • 幼虫は集団で葉を食べる.
  • 産卵は葉面に固めて行う.

備考

参考文献

  • 尾園 暁. 2014. ハムシハンドブック. 104 pp. 文一総合出版, 東京.
  • 槐 真史・伊丹市昆虫館. 2013. ポケット図鑑日本の昆虫1400 (2) トンボ・コウチュウ・ハチ. 320 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ハンノキハムシ