ヒミズ

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > 広島県の哺乳類 > ヒミズ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

ヒミズの死骸.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Apr. 26, 2020)

ヒミズ Urotrichus talpoides

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 哺乳綱 Mammalia > トガリネズミ目 Soricomorpha > モグラ科 Talpidae > ヒミズ Urotrichus talpoides

解説

  • モグラに比べてずっと小さく、前足の発達も顕著ではない.
  • 農地や草原、林の土壌の表層に直径3㎝ほどのトンネルを掘って生活する.
  • ミミズや昆虫類のほか、植物の種子もよく食べる.
  • 地上で死骸を見かける機会は多い.

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ヒミズ

英名

  • Japanese shrew-mole

備考

参考文献

  • 広島県の哺乳類. 14pp. 中国新聞社, 広島.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > 広島県の哺乳類 > ヒミズ | 広島県の動物図鑑 / 和名順