ヒメカマキリ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヒメカマキリ

ヒメカマキリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 6, 2020)
ヒメカマキリの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 9, 2020)

ヒメカマキリ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Acromantis japonica

分類

  • ハナカマキリ科 Hymenopodidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.国外では朝鮮半島

解説

  • 日本固有種.
  • 体長30mm前後の小型なカマキリ.
  • 主に海岸~丘陵地の広葉樹林の林縁部で見られる.
  • よく飛翔し,灯火にも集まる.
  • サツマヒメカマキリに酷似するが,本種の成虫の出現期は9~11月で,サツマヒメカマキリでは5~7月(ヒメカマキリは卵で越冬,サツマヒメカマキリは幼虫で越冬).
  • キャンパス内での個体数はふつう.

ギャラリー

備考


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヒメカマキリ