アカバナ

提供: 広島大学デジタル博物館
2011年1月7日 (金) 11:42時点におけるHirahara (トーク | 投稿記録)による版
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > アカバナ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

アカバナ Epilobium pyrricholophum Fr. & Sav.

シノニム

その他

  • Epilobium pyrricholophum Franch. et Savat.(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > アカバナ科 Onagraceae > アカバナ属 Epilobium

解説

  • 土井(1983)はムツアカバナ( var. curvatopilosum Hata)を極楽寺山から報告しているが,これは茎に腺毛を欠き曲がった毛だけのものである.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,島嶼部から中国山地まで広く分布し,小流辺や湿原の縁辺などに生育.

産地

天然記念物

標本

  • 戸河内町柴木(rn-8653),加計町温井(yy-6334),吉和村十方林道(mt-9573),芸北町一兵山家山(mt-11074),廿日市市後畑(mt-10807),広島市牛田東(yy-9),黒瀬町岡郷(mt-8167),東広島市馬木(km-3951),下蒲刈島(mt-15734),西能美島(mm-1),総領町木屋(yw-8563),三良坂町灰塚(kk-211),吉舎町鳥栖(kk-920),世羅町国久(yy-11872),八千代町土師ダム(yy-13855),三次市畠敷(yy-3712),猿政山(yy-6137),福山市瀬戸町(sf-5100),府中市七ツ池(sf-5513),甲山町魚切渓谷(ns-1342),大和町蔵宗(ns-734),比婆山(yh-835),東城町森(hn-1363)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 38070

文献(出典)

  • 堀川ほか(1959),河毛(1974),土井(1983),江塚・松本(1985),渡辺ほか(1996),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

引用文献

  • 土井美夫. 1983. 広島県植物目録. 148 pp. 博新館, 広島.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる