アサヒナカワトンボ

提供: 広島大学デジタル博物館
2024年4月17日 (水) 02:49時点におけるTArimura (トーク | 投稿記録)による版 (→‎学名)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > アサヒナカワトンボ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

アサヒナカワトンボの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 10, 2022)
アサヒナカワトンボ成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 22, 2021)
アサヒナカワトンボの成虫(無色翅型オス).山中谷川に生息している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 24, 2020)
アサヒナカワトンボのヤゴ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 27, 2020)

アサヒナカワトンボ

和名

  • アサヒナカワトンボ

分類

  • カワトンボ科 Calopterygidae

分布

  • 本州(関東以南),四国,九州

解説

  • 丘陵地~山地の樹林に囲まれた渓流や細流を好む.
  • オスの翅色は褐色翅,橙褐色翅,無色翅の三型があり地域によって異なる.
  • メスの翅は透明
  • 成虫期は5~8月.
  • 日本固有種.


ギャラリー

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > アサヒナカワトンボ | 広島県の動物図鑑 / 和名順