アラスカキチジ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2020年2月4日 (火) 16:11時点におけるStudent02 (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > アラスカキチジ / 分類 / 和名順 / 学名順

アラスカキチジ(撮影: 佐藤)

目次

アラスカキチジ

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > スズキ目 Perciformes > カサゴ亜目 Scorpaenoidei > キチジ科 Sebastolobidae

解説

  • 岩手県以北に棲息する深海種.
  • 体色は桃赤色で胸鰭が大きく二叉し,近縁種の「キチジ」とは体高が低いことや背鰭中央部の黒色斑が不明瞭であることなどで区別される.
  • 体長は80 cmにまで成長し,主に底曳網で漁獲され,塩焼き・煮付け・味噌漬け・干物で賞味される.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.



デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > アラスカキチジ/ 分類 / 和名順 / 学名順