イトヒキオキハギ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
2019年5月28日 (火) 21:19時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > メインページ> 魚類図鑑 > イトヒ...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動
The printable version is no longer supported and may have rendering errors. Please update your browser bookmarks and please use the default browser print function instead.

デジタル自然史博物館 > メインページ> 魚類図鑑 > イトヒキオキハギ | 分類 / 和名順 / 学名順

イトヒキオキハギ(鹿児島県口之島; 撮影: 小林, Oct., 2005)

イトヒキオキハギ

シノニム

その他

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > フグ目 Tetraodontiformes > モンガラカワハギ科 Balistidae

解説

  • 駿河湾以南の沖合の砂泥底で群れを形成することが知られる.
  • 体色は背側が暗褐色で腹側が白色,頭部~尾柄部にかけて数個の白色鞍状斑が並び,他種と比較して尾柄部が細い.
  • 近縁種の「オキハギ」とは尾鰭上下葉部が糸状に伸長すること,頬部に数列の縦溝を持つことなどで区別される.
  • 体長約40 cm.釣り・底曳網などで漁獲され,刺身などで美味.

天然記念物・RDB

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.

デジタル自然史博物館 > メインページ> 魚類図鑑 > イトヒキオキハギ | 分類 / 和名順 / 学名順