「オオルリ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物…」)
 
 
3行目: 3行目:
 
[[ファイル: 20200426オオルリオス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_112859s.jpg|200px|thumb|right|オオルリ(オス).キャンパス内では個体数が少なく,観察する機会は少ない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 26, 2020)]]
 
[[ファイル: 20200426オオルリオス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_112859s.jpg|200px|thumb|right|オオルリ(オス).キャンパス内では個体数が少なく,観察する機会は少ない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 26, 2020)]]
  
=オオルリ ''Luscinia cyane bochaiensis''=
+
=オオルリ ''Cyanoptila cyanomelana cyanomelana''=
  
 
==分類==
 
==分類==
37行目: 37行目:
 
===慣用名===
 
===慣用名===
 
===英名===
 
===英名===
*Blue and White Flycatcher
+
*Blue-and-White Flycatcher
  
 
===広島県方言===
 
===広島県方言===

2020年10月7日 (水) 18:48時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > オオルリ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

オオルリ(オス).キャンパス内では個体数が少なく,観察する機会は少ない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 26, 2020)

オオルリ Cyanoptila cyanomelana cyanomelana

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 鳥綱 Aves > スズメ目 Passeriformes > ヒタキ科 Muscicapidae > オオルリ属 Cyanoptila > オオルリ(種) Cyanoptila cyanomelana > オオルリ(亜種) Cyanoptila cyanomelana cyanomelana

解説

  • 夏鳥として,九州以北の山地の森林に渡来し,繁殖する.
  • 広島県では,里山から中国山地にかけて広く,かつ多く生息している.
  • 4月から6月にかけて,山地の稜線の突き出した木の頂や枝先で囀る姿が見られ,同時に飛翔する昆虫を捕らえる姿も観察される.
  • 特に谷沿いの山林に多く生息し,縄張りをもつ.
  • 岩壁や木の窪みなどに苔を材料とした巣を作る.
  • 鳴き声は「ヒーピィーリリヒィーピリリガジャガジャガジャ」と表わされる.
  • 宮島のオオルリも参照.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 朝鮮半島~中国東北部・日本(繁殖),東南アジア(越冬)

産地

天然記念物・RDB

  • 県内では該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

  • Blue-and-White Flycatcher

広島県方言

  • ルリ

備考

宮島のオオルリも参照.

関連ページ

参考文献

  • 宮島町教育委員会(編). 1999. 宮島の野鳥. 176 pp. 宮島町, 宮島町.
  • 日本鳥学会(編). 2012. 日本鳥類目録改訂第7版. xx + 438 pp. 日本鳥学会, 三田.
  • 日本野鳥の会広島県支部(編著). 2002. ひろしま野鳥図鑑, 増補改訂版. 267 pp. 中国新聞社, 広島.

更新履歴

  • 2020.10.7 ページ作成.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > オオルリ | 広島県の動物図鑑 / 和名順