「カイツブリ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
4行目: 4行目:
 
[[ファイル:20180202カイツブリ_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_24235.JPG|200px|thumb|right|カイツブリ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Feb. 2, 2018)]]
 
[[ファイル:20180202カイツブリ_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_24235.JPG|200px|thumb|right|カイツブリ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Feb. 2, 2018)]]
 
[[ファイル:20170210カイツブリ冬羽_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_16779.JPG|200px|thumb|right|カイツブリ(冬羽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Feb. 10, 2017)]]
 
[[ファイル:20170210カイツブリ冬羽_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_16779.JPG|200px|thumb|right|カイツブリ(冬羽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Feb. 10, 2017)]]
 +
[[ファイル: 20190209カイツブリ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_40026s.jpg|200px|thumb|right|カイツブリ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Feb. 9, 2019)]]
  
 
=カイツブリ ''Tachybaptus ruficollis poggei''=
 
=カイツブリ ''Tachybaptus ruficollis poggei''=

2019年2月10日 (日) 09:59時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > カイツブリ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

カイツブリ(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, Apr. 25, 2016)
カイツブリ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Feb. 2, 2018)
カイツブリ(冬羽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Feb. 10, 2017)
カイツブリ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Feb. 9, 2019)

カイツブリ Tachybaptus ruficollis poggei

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 鳥綱 Aves > カイツブリ目 Podicipediformes > カイツブリ科 Podicipedidae > カイツブリ属 Tachybaptus > カイツブリ(種)Tachybaptus ruficollis > カイツブリ(亜種) Tachybaptus ruficollis poggei


解説

  • 全国の湖沼や川に通年生息し繁殖している.
  • 日本には亜種カイツブリと,大東諸島に別亜種ダイトウカイツブリ Tachybaptus ruficollis kunikyonisが生息する.
  • 広島県内では,大河川の中~下流域やダム湖,ため池など流れの緩やかな場所で見られる.
  • 繁殖期には,水辺の植物の根元に水位の変動に合わせて高さの調節可能な浮き巣を作る.
  • 生まれたひなを背中に乗せて移動することもある.
  • 宮島のカイツブリも参照.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 中国南東部・ロシア沿海州南西部・韓国・日本(繁殖)

産地

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

  • little grebe

広島県方言

  • ニオ
  • チャブクロ
  • ヒョウタンドリ

備考

関連ページ

参考文献

  • 宮島町教育委員会(編). 1999. 宮島の野鳥. 176 pp. 宮島町, 宮島町.
  • 日本鳥学会(編). 2012. 日本鳥類目録改訂第7版. xx + 438 pp. 日本鳥学会, 三田.
  • 日本野鳥の会広島県支部(編著). 2002. ひろしま野鳥図鑑, 増補改訂版. 267 pp. 中国新聞社, 広島.

更新履歴

  • 2017.01.25 ページ作成.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > カイツブリ | 広島県の動物図鑑 / 和名順