「コサギ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館...」)
 
 
46行目: 46行目:
  
 
==関連ページ==
 
==関連ページ==
 +
*[[ダイサギ・チュウサギ・コサギの見分け方]]
 
*[[広島県の鳥類]]
 
*[[広島県の鳥類]]
 
*[[宮島の野鳥]]
 
*[[宮島の野鳥]]

2021年9月16日 (木) 10:12時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > コサギ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

コサギ.通年くちばしと足が黒く,足指が黄色い点で他のサギ類と区別できる.(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, Aug. 8, 2015)
コサギ.通年くちばしと足が黒く,足指が黄色い点で他のサギ類と区別できる.(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, Jul. 23, 2016)
コサギ(廿日市市宮島町; 撮影: 熊谷美登)

コサギ Egretta garzetta garzetta

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 鳥綱 Aves > ペリカン目 Pelecaniformes > サギ科 Ardeidae > コサギ属 Egretta > コサギ(種) Egretta garzetta > コサギ(亜種) Egretta garzetta garzetta

解説

  • 本州以南の水田や池沼,湿地,干潟,海岸部などで見られ,温暖な地方では多数が越冬する.
  • 広島県内では,一年中見られ,特に広い田園や河川の多い中南部,瀬戸内海沿岸には多い.
  • 全身が白い,いわゆる「しらさぎ」の中では最も普通に見られる.
  • くちばしは常に黒色,足は黒色で,足指は黄色.
  • 夏羽は頭に長い飾り羽をもつ.
  • ゴイサギダイサギチュウサギなど,他のサギ類と共に「サギ山」と呼ばれるコロニー(集団繁殖地)を作って営巣,繁殖する.

分布・産地・天然記念物

分布

  • ユーラシア大陸南部・アフリカ・オーストラリア

産地

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

  • little egret

広島県方言

  • シラサギ

備考

関連ページ

参考文献

  • 宮島町教育委員会(編). 1999. 宮島の野鳥. 176 pp. 宮島町, 宮島町.
  • 日本鳥学会(編). 2012. 日本鳥類目録改訂第7版. xx + 438 pp. 日本鳥学会, 三田.
  • 日本野鳥の会広島県支部(編著). 2002. ひろしま野鳥図鑑, 増補改訂版. 267 pp. 中国新聞社, 広島.

更新履歴

  • 2017.03.02 ページ作成.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > コサギ | 広島県の動物図鑑 / 和名順