「コハクチョウ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「 ファイル:20150506コハクチョウ_東広島市八本松町_岡崎賢二撮影_01-kohakuchos.JPG|200px|thumb|right|コハクチョウ(広島県東広島市八...」)
 
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
1行目: 1行目:
 +
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[郷土の動物]] > [[広島県の鳥類]] > [[ヒシクイ]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] </span>
  
 +
[[ファイル:20150506コハクチョウ_東広島市八本松町_岡崎賢二撮影_01-kohakuchos.JPG|200px|thumb|right|コハクチョウ(広島県東広島市八本松町; 撮影: 岡崎賢二, May 6, 2015)]]
 +
 +
=コハクチョウ ''Cygnus columbianus jankowskyi''=
 +
 +
==分類==
 +
動物界 Animalia
 +
> 脊索動物門 Chordata
 +
> 脊椎動物亜門 Vertebrata
 +
> 鳥綱 Aves
 +
> カモ目 Anseriformes
 +
> カモ科 Anatidae
 +
> ハクチョウ属 ''Cygnus''
 +
> コハクチョウ (種) ''Cygnus columbianus''
 +
> コハクチョウ (亜種) ''Cygnus columbianus jankowskyi''
 +
 +
==解説==
 +
*冬鳥として全国の湖沼,内湾などに渡来し,島根県の宍道湖や中海周辺でも相当数見られる.
 +
*広島県内では,[[オオハクチョウ]]より観察例は多いが,ほとんど1~3羽で観察されている.
 +
 +
==分布・産地・天然記念物==
 +
===分布===
 +
*極北地(繁殖),北アメリカ大陸・ヨーロッパ・中国・日本(越冬)
 +
===産地===
 +
===天然記念物・RDB===
 +
*県内では該当なし
 +
 +
==慣用名・英名・広島県方言==
 +
===慣用名===
 +
===英名===
 +
*Bewick's swan
 +
 +
===広島県方言===
 +
 +
==備考==
 +
 +
==関連ページ==
 +
*[[広島県の鳥類]]
 +
 +
==参考文献==
 +
*日本鳥学会(編). 2012. 日本鳥類目録改訂第7版. xx + 438 pp. 日本鳥学会, 三田.
 +
*日本野鳥の会広島県支部(編著).  2002.  ひろしま野鳥図鑑, 増補改訂版.  267 pp.  中国新聞社, 広島.
  
[[ファイル:20150506コハクチョウ_東広島市八本松町_岡崎賢二撮影_01-kohakuchos.JPG|200px|thumb|right|コハクチョウ(広島県東広島市八本松町; 撮影: 岡崎賢二, May 6, 2015)]]
+
==更新履歴==
 +
*2019.08.14 ページ作成.
 +
 
 +
----
 +
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[郷土の動物]] > [[広島県の鳥類]] > [[ヒシクイ]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] </span>
  
=コハクチョウ=
+
[[Category:動物]]
 +
[[Category:広島県の動物]]
 +
[[Category:C]]
 +
[[Category:コ]]
 +
[[Category:鳥類]]
 +
[[Category:カモ目]]
 +
[[Category:カモ科]]
 +
[[Category:広島県]]
 +
[[Category:標準和名]]

2019年8月14日 (水) 08:03時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > ヒシクイ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

コハクチョウ(広島県東広島市八本松町; 撮影: 岡崎賢二, May 6, 2015)

コハクチョウ Cygnus columbianus jankowskyi

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 鳥綱 Aves > カモ目 Anseriformes > カモ科 Anatidae > ハクチョウ属 Cygnus > コハクチョウ (種) Cygnus columbianus > コハクチョウ (亜種) Cygnus columbianus jankowskyi

解説

  • 冬鳥として全国の湖沼,内湾などに渡来し,島根県の宍道湖や中海周辺でも相当数見られる.
  • 広島県内では,オオハクチョウより観察例は多いが,ほとんど1~3羽で観察されている.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 極北地(繁殖),北アメリカ大陸・ヨーロッパ・中国・日本(越冬)

産地

天然記念物・RDB

  • 県内では該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

  • Bewick's swan

広島県方言

備考

関連ページ

参考文献

  • 日本鳥学会(編). 2012. 日本鳥類目録改訂第7版. xx + 438 pp. 日本鳥学会, 三田.
  • 日本野鳥の会広島県支部(編著). 2002. ひろしま野鳥図鑑, 増補改訂版. 267 pp. 中国新聞社, 広島.

更新履歴

  • 2019.08.14 ページ作成.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > ヒシクイ | 広島県の動物図鑑 / 和名順