「ゴテンアナゴ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「ファイル: 2005Julゴテンアナゴ_愛媛県今治市_加村撮影_gotenanago.JPG|200px|thumb|right|ゴテンアナゴ(愛媛県今治市; 撮影: 加村,Jul.,...」)
 
 
(同じ利用者による、間の2版が非表示)
1行目: 1行目:
 +
<span style="font-size:10">[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[魚類図鑑]] > [[ゴテンアナゴ]] / [[魚類図鑑_分類|分類]] / [[魚類図鑑/和名順/ブロック|和名順]] / [[魚類図鑑/学名順/ブロック|学名順]] </span>
 +
 
[[ファイル: 2005Julゴテンアナゴ_愛媛県今治市_加村撮影_gotenanago.JPG|200px|thumb|right|ゴテンアナゴ(愛媛県今治市; 撮影: 加村,Jul., 2005)]]
 
[[ファイル: 2005Julゴテンアナゴ_愛媛県今治市_加村撮影_gotenanago.JPG|200px|thumb|right|ゴテンアナゴ(愛媛県今治市; 撮影: 加村,Jul., 2005)]]
 +
 +
=ゴテンアナゴ ''Ariosoma meeki''=
 +
==分類==
 +
脊索動物門 Chordata
 +
> 脊椎動物亜門 Vertebrata
 +
> 硬骨魚綱 Osteichthyes
 +
> 条鰭亜綱 Actinopterygii
 +
> ウナギ目 Anguilliformes
 +
> アナゴ科 Congridae
 +
> ゴテンアナゴ属 ''Ariosoma''
 +
> ゴテンアナゴ ''Ariosoma meeki''
 +
 +
==解説==
 +
*水深20~200 m(土佐湾では20~30 m,東シナ海では65~160 m)の砂底.
 +
*青森県牛滝・八戸,仙台湾,茨城県,千葉県館山湾~九州南岸の太平洋沿岸,種子島,瀬戸内海,新潟県佐渡・柏崎,兵庫県浜坂,山口県日本海側,九州北西岸,長崎県南西沖,東シナ海大陸棚域.国外では澎湖諸島,福建省,広東省,海南島.
 +
*眼の上・下後縁部にそれぞれ暗褐色斑を持つことが大きな特徴で,日本各地の砂泥底に棲息する.
 +
*体長は60 cmまでで,底曳網・延縄などで混獲され主に練り製品の原料に利用される.
 +
==天然記念物・RDB==
 +
*該当なし
 +
 +
==慣用名・英名・広島県方言==
 +
===慣用名===
 +
===英名===
 +
===広島県方言===
 +
*
 +
 +
==関連ページ==
 +
*[[魚類図鑑]]
 +
 +
==参考文献==
 +
*中坊徹次(編).  2013.  日本産魚類検索 全種の同定, 3版.  xlix + xxxii + xvi + 2428 pp.  東海大学出版会, 秦野.
 +
 +
 +
----
 +
<span style="font-size:10">[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[魚類図鑑]] > [[ゴテンアナゴ]]/ [[魚類図鑑_分類|分類]] / [[魚類図鑑/和名順/ブロック|和名順]] / [[魚類図鑑/学名順/ブロック|学名順]] </span>
 +
 +
[[Category:動物]]
 +
[[Category:広島県の動物]]
 +
[[Category:魚類図鑑]]
 +
[[Category:A]]
 +
[[Category:コ]]
 +
[[Category:魚類]]
 +
[[Category:ウナギ目]]
 +
[[Category:アナゴ科]]
 +
[[Category:広島県]]
 +
[[Category:標準和名]]

2020年6月26日 (金) 16:42時点における最新版

デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > ゴテンアナゴ / 分類 / 和名順 / 学名順

ゴテンアナゴ(愛媛県今治市; 撮影: 加村,Jul., 2005)

ゴテンアナゴ Ariosoma meeki

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > ウナギ目 Anguilliformes > アナゴ科 Congridae > ゴテンアナゴ属 Ariosoma > ゴテンアナゴ Ariosoma meeki

解説

  • 水深20~200 m(土佐湾では20~30 m,東シナ海では65~160 m)の砂底.
  • 青森県牛滝・八戸,仙台湾,茨城県,千葉県館山湾~九州南岸の太平洋沿岸,種子島,瀬戸内海,新潟県佐渡・柏崎,兵庫県浜坂,山口県日本海側,九州北西岸,長崎県南西沖,東シナ海大陸棚域.国外では澎湖諸島,福建省,広東省,海南島.
  • 眼の上・下後縁部にそれぞれ暗褐色斑を持つことが大きな特徴で,日本各地の砂泥底に棲息する.
  • 体長は60 cmまでで,底曳網・延縄などで混獲され主に練り製品の原料に利用される.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.



デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > ゴテンアナゴ/ 分類 / 和名順 / 学名順