サンインヒエスゲ

提供: 広島大学デジタル博物館
2013年6月24日 (月) 10:49時点におけるUchida (トーク | 投稿記録)による版 (→‎文献(出典))
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > サンインヒエスゲ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

サンインヒエスゲ Carex jubozanensis J.Oda et A.Tanaka

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > カヤツリグサ科 Cyperaceae > スゲ属 Carex

解説

  • Oda et al. (2003)が新種記載した種で,井県から鳥取県の日本海側に生育するとされる.斉藤隆登が2006年に広島県で初めて発見した.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 豊平町(hbg-17699; 星野卓二 同定)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード:74755
  • 広島県RDBカテゴリ: 情報不足(DD)

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる