ツマグロヒョウモン

提供: 広島大学デジタル博物館
2023年10月17日 (火) 11:10時点におけるStudent04 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の動物 > ツマグロヒョウモン| 広島県の動物図鑑 / 和名順

ツマグロヒョウモン(メス)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 有村拓真, Oct.7, 2023)

ツマグロヒョウモン

和名

  • 褄黒豹紋(ツマグロヒョウモン)

学名

  • Argyreus hyperbius

分類

節足動物門 Arthropoda >昆虫綱 Insecta >鱗翅目 Lepidoptera >タテハチョウ科 Nymphalidae >ツマグロヒョウモン属 Argyreus >ツマグロヒョウモン Argyreus hyperbius

解説

  • 個体数は多く,キャンパス内に広く分布する.
  • 食草はスミレやパンジーなどスミレ科
  • 雌雄で翅の模様が異なる

分布

  • 本州,四国,九州,琉球

天然記念物・RDB

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

参考文献

  • 日本チョウ類保全協会(編). 2012. フィールドガイド 日本のチョウ. 327 pp. 誠文堂新光社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の動物 > ツマグロヒョウモン| 広島県の動物図鑑 / 和名順