ニトベエダシャク 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
2020年3月2日 (月) 22:45時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動
The printable version is no longer supported and may have rendering errors. Please update your browser bookmarks and please use the default browser print function instead.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ニトベエダシャク

ニトベエダシャクの成虫.出現時期が晩秋であることと,独特な模様から識別は容易.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 23, 2019)

ニトベエダシャク(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Wilemania nitobei

分類

  • シャクガ科 Geometridae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 晩秋に見られるシャクガの仲間.
  • 翅の模様が特徴的で似ている種はいない.
  • 灯りに飛来することが多い.
  • 幼虫の食樹はコナラなど様々な広葉樹.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ニトベエダシャク