マトウトラギス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2019年12月18日 (水) 04:14時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > マトウトラギス | 広島県の動物図鑑 / 和名順 | 魚類図鑑 / 分類 / 和名順 / 学名順

マトウトラギス(広島県広島湾; 撮影: 加村, Jul., 2005)

目次

マトウトラギス

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > スズキ目 Perciformes > ワニギス亜目 Trachinoidei > トラギス科 Pinguipedidae


解説

  • 尾鰭上方に黒色斑を持ち,頬部に暗色縦帯が走ることで近縁種のクラカケトラギスと区別される.
  • 体長は約11 cm.
  • キス釣りの外道として釣れることがあり,天ぷらなどに利用される.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.

デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > マトウトラギス | 広島県の動物図鑑 / 和名順 | 魚類図鑑 / 分類 / 和名順 / 学名順