マンネンスギ

提供: 広島大学デジタル博物館
2023年3月27日 (月) 03:57時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版 (→‎参考文献)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 植物メインページ > 郷土の植物 > 維管束植物 > マンネンスギ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

マンネンスギの栄養茎と葉(広島県南部; 撮影: 池田誠慈, Mar. 22, 2023)
マンネンスギの胞子のう穂(広島県南部; 撮影: 池田誠慈, Mar. 22, 2023)

マンネンスギ Lycopodium obscurum L.

シノニム

その他

分類

維管束植物門 Tracheophyta > ヒカゲノカズラ植物亜門 Lycopodiophytina > ヒカゲノカズラ綱 Lycopodiopsida > ヒカゲノカズラ目 Lycopodiales > ヒカゲノカズラ科 Lycopodiaceae > ヒカゲノカズラ属 Lycopodium

旧分類

ヒカゲノカズラ門 Lycohpyta > 無舌綱 Aglossopsida > ヒカゲノカズラ目 Lycopodiales > ヒカゲノカズラ科 Lycopodiaceae > ヒカゲノカズラ属 Lycopodium

解説

  • 常緑性.稀に山地に生育.
  • ここでは広義に扱う.
  • 基準産地はアメリカ(フィラデルフィア).

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 比婆山(1979吉川和之), 呉市膳棚山(kt-21088), (1994住居艶子), 十方山(rn-10682)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • タチマンネンスギ

英名

広島県方言

備考

  • 広島県RDBカテゴリ:準絶滅危惧(NT)→選外へ
  • 環境庁コード:00170

文献(出典)

参考文献


広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 植物メインページ > 郷土の植物 > 維管束植物 > マンネンスギ | 広島県の植物図鑑 / 和名順