ヤガタアリグモ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2020年7月28日 (火) 12:34時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヤガタアリグモ

ヤガタアリグモの成体(メス).赤みのない個体.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 28, 2020)

目次

ヤガタアリグモ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Myrmarachne elongata

分類

  • ハエトリグモ科 Salticidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • アリに擬態しているクモ.
  • オスは上顎が大きく発達しているが,頭胸部と同じくらいかそれより小さい.
  • アリグモタイリクアリグモに比べると腹部が細長い.
  • 建物の周辺や草地など,様々な環境で見られる.
  • 東広島キャンパスでの個体数は少ない.

備考

参考文献

  • 須黒達巳. 2017. ハエトリグモハンドブック. 144 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヤガタアリグモ