「廣島大學櫻曼荼羅/連絡事項」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館...」)
 
 
(2人の利用者による、間の92版が非表示)
2行目: 2行目:
  
 
=東広島キャンパスのサクラに関する連絡事項=
 
=東広島キャンパスのサクラに関する連絡事項=
*2017.03.24 西駐車場の「107 コブクザクラ」が[[コブクザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|子福桜(コブクザクラ)]]でない可能性あり.  
+
==サクラの現状==
*2017.03.26 西駐車場の[[タイザンフクン_廣島大學櫻曼荼羅|泰山府君(タイザンフクン)]][[広島大学植物園]][[セイヨウミザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|西洋実桜(セイヨウミザクラ)]]の状態が悪いです.
+
*2021.04.19 東福利会館南で,[[マメザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|マメザクラ(豆桜)]]らしきサクラを確認.
 +
*2021.04.18 2021年3月1日現在,76品種(野生種を含む)の生育が確認されており,62品種が開花見込みであったが,4月18現在,77品種(野生種を含む)の生育が確認されており,73品種が開花見込み.
 +
*2021.04.11 [[植物観察会/KansatsukaiPageAnnai20210411|ヒコビア植物観察会]]が行われ,八重咲きのサトザクラの仲間を中心に観察しました.
 +
*2021.04.11 再植栽された[[ゴテンバザクラ_廣島大學櫻曼荼羅‎|ゴテンバザクラ(御殿場桜)]]が早速開花した.
 +
*2021.03.11 再植栽された[[イチハラトラノオ_廣島大學櫻曼荼羅|イチハラトラノオ(市原虎の尾)]]が早速開花した.
 +
*2021.03.08 [[東広島植物園]]に一時保護していた[[イチハラトラノオ_廣島大學櫻曼荼羅|イチハラトラノオ(市原虎の尾)]]2本と[[ゴテンバザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|ゴテンバザクラ(御殿場桜)]]2本をIDECに再植栽.
 +
*2021.02.26 施設保全チームと[[広島大学総合博物館]],[[東広島植物園]],[[CSR]]がフィールドナビの一環として8品種23本のサクラの苗を西駐車場に植栽(第4期植栽).
 +
*2019.12.20 IDECの200番台のイチハラトラノオとゴテンバザクラを東広島植物園に一時保護.
 +
*2019年4月現在,69品種(野生種を含む)の生育が確認されています.
 +
*2019.04.23 IDECの200番台の樹勢の弱い苗以下の9株を東広島植物園に一時保護;「203 更紗桜」と「204 更紗桜」,「217 静香」,「219 静香」,「220 椿寒桜」,「222 椿寒桜」,「224 八重曙(ただし,ひこばえなので要観察)」,「229 数珠掛桜」,「230 数珠掛桜」.IDECで生存している200番台は15株.イチハラトラノオとゴテンバザクラは既にかなり展葉していたため,秋に移植することにした.
 +
*2019.04.12 工学部西で,[[センダイヨシノ_廣島大學櫻曼荼羅|センダイヨシノ(仙台吉野)]]を再発見.69種・品種の生存を確認
 +
*2019.04.02 [[マメザクラ_廣島大學櫻曼荼羅‎|マメザクラ(豆桜,フジザクラ,富士桜)]]の苗を1株植物園に導入.
 +
*2019.03.15 [[センダイヨシノ_廣島大學櫻曼荼羅|センダイヨシノ]]を除くと68品種の生存を確認([[センダイヨシノ_廣島大學櫻曼荼羅|センダイヨシノ]]は工学部西にあるはずだが再発見できず).
 +
*2019.02.01 「107 椿寒桜」と「158 鬱金」に名札を変更.西駐車場とIDECの名札を清掃.
 +
*2018年4月現在71品種(野生種を含む)の生育を確認.そのうち,66品種の写真が揃っている.
 +
*2018.04.27 「059 河津桜」と「073 思川」,「216 花笠」,「218 静香」,「221 椿寒桜」,「223 八重曙」,「225 八重曙」,「231 梅護寺数珠掛桜」,「232 楊貴妃」,「233 楊貴妃」の枯死を確認.
 +
*2018.04.20 「158 江戸(八重紅虎の尾)」が[[ウコン_廣島大學櫻曼荼羅|ウコン]]であると思われる.
 +
*2018.04.17 [[オオヤマザクラ_廣島大學櫻曼荼羅‎|オオヤマザクラ]]の花期の見直しが必要.
 +
*2018.04.17 [[ヤエベニトラノオ_廣島大學櫻曼荼羅‎|ヤエベニトラノオ]]の学名を再確認する.''Cerasus serrulata'' 'Yae-beni-toranowo' or ''Cerasus serrulata'' 'Yae-benitoranowo'
 +
*2018.01.05 IDEC周辺と西駐車場のサクラの生育状況とラベルを再確認.泰山府君(タイザンフクン)と緑桜(ミドリザクラ)の枯死を確認.
 +
*2017.04.04 西駐車場の「103 紅山桜」,「108 子福桜(コブクザクラ)」,「110 泰山府君(タイザンフクン)」,国際協力研究科(IDEC)周辺の「203 更紗桜(サラサザクラ)」,「206 駒繋(コマツナギ)」,「211 濃彼岸桜(コウヒガンザクラ)」「226 緑桜」,「227 緑桜」,「228 緑桜」,「232 楊貴妃」,「233 楊貴妃」の状態が悪いです.「紅華(コウカ)」が1本と「紅鶴桜(ベニヅルザクラ)」が名札落ち.
 +
*2017.03.26 [[広島大学植物園]]の[[セイヨウミザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|西洋実桜(セイヨウミザクラ)]]の状態が悪いです.次回以降の植樹の参考にしてください.
 +
*2017.03.24 西駐車場の「107 コブクザクラ」が[[コブクザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|子福桜(コブクザクラ)]]でない可能性あり. -> 並びで植えられている[[ツバキカンザクラ_廣島大學櫻曼荼羅‎|ツバキカンザクラ]]の名札の付け間違えと思われる.
 +
 
 +
==サクラ導入履歴==
 +
===第5期===
 +
*2021.05.10 [[スマウラフゲンゾウ_廣島大學櫻曼荼羅‎|スマウラフゲンゾウ(須磨浦普賢象)]]と[[チシマザクラ_廣島大學櫻曼荼羅‎|チシマザクラ(千島桜)]]を導入.[[マメザクラ_廣島大學櫻曼荼羅‎|マメザクラ(豆桜,富士桜)]]の園芸品種を鉢植えで導入.
 +
 
 +
===第4期(2019-2021年)===
 +
*2021.03.08 [[東広島植物園]]に一時保護していた[[イチハラトラノオ_廣島大學櫻曼荼羅|イチハラトラノオ(市原虎の尾)]]2本と[[ゴテンバザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|ゴテンバザクラ(御殿場桜)]]2本をIDECに再植栽.
 +
*2021.02.26 8品種23本の苗を西駐車場に植栽.
 +
*2020.11.24 8品種の苗を2月に植栽する準備中.ジュウガツザクラは1本枯死.
 +
*2019.04.12 [[オオサカフユザクラ_廣島大學櫻曼荼羅‎|オオサカフユザクラ(大阪冬桜)]],[[マツマエハナゾメイ_廣島大學櫻曼荼羅‎|マツマエハナゾメイ(松前花染衣)]],[[スルガダイニオイ_廣島大學櫻曼荼羅‎|スルガダイニオイ(駿河台匂)]],[[タカサゴ_廣島大學櫻曼荼羅‎|タカサゴ(高砂)]],[[ベニガサ_廣島大學櫻曼荼羅‎|ベニガサ(紅笠)]]の5品種を3苗ずつ新たに追加,[[ヨウキヒ_廣島大學櫻曼荼羅|ヨウキヒ(楊貴妃)]],[[ミドリザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|ミドリザクラ(緑桜)]],[[ジュウガツザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|ジュウガツザクラ(十月桜)]]の3品種を3苗ずつ補った.苗が成長するまで植物園圃場で生育予定.
 +
*2019.04.02 [[マメザクラ_廣島大學櫻曼荼羅‎|マメザクラ(豆桜,フジザクラ,富士桜)]]の苗を1株植物園に導入. -> その後,枯死.
 +
 
 +
==改訂版への進捗状況==
 +
===池田誠慈撮影の写真で補うもの===
 +
下記の18品種.
 +
 
 +
*[[ケイオウザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|ケイオウザクラ(啓翁桜)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[コウヒガンザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|コウヒガンザクラ(濃彼岸桜)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[コヒガンザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|コヒガンザクラ(小彼岸桜)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[コマツナギ_廣島大學櫻曼荼羅|コマツナギ(駒繋)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[サノキクザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|サノキクザクラ(佐野菊桜)]]写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[サラサザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|サラサザクラ(更紗桜)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[シキザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|シキザクラ(四季桜)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[シズカ_廣島大學櫻曼荼羅|シズカ(静香)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[シュゼンジカンザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|シュゼンジカンザクラ(修善寺寒桜)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[ジンダイアケボノ_廣島大學櫻曼荼羅|ジンダイアケボノ(神代曙)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[センダイヨシノ_廣島大學櫻曼荼羅|センダイヨシノ(仙台吉野)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[ナラヤエザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|ナラヤエザクラ(奈良八重桜)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[ハナガサ_廣島大學櫻曼荼羅|ハナガサ(花笠)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[バンリコウ_廣島大學櫻曼荼羅|バンリコウ(万里香)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[ヒロシマエバヤマザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|ヒロシマエバヤマザクラ(広島江波山桜)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[ベニシグレ_廣島大學櫻曼荼羅|ベニシグレ(紅時雨)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[ヤエカンヒザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|ヤエカンヒザクラ(八重寒緋桜)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[ヤエベニオオシマ_廣島大學櫻曼荼羅|ヤエベニオオシマ(八重紅大島)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
*[[ヨシノシダレザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|ヨシノシダレザクラ(吉野枝垂桜)]] 写真あり(池田誠慈撮影)
 +
 
 +
===写真のないもの===
 +
*[[イチハラトラノオ_廣島大學櫻曼荼羅|イチハラトラノオ(市原虎の尾)]] -> 花芽がつかず.
 +
*[[ゴテンバザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|ゴテンバザクラ(御殿場桜)]] -> 花芽がつかず.
 +
*[[タイザンフクン_廣島大學櫻曼荼羅|タイザンフクン(泰山府君)]] -> 枯死確認(2018年1月)
 +
*[[ミドリザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|ミドリザクラ(緑桜)]] -> 枯死確認(2018年1月) -> 2019年4月再導入
 +
*[[ヤエアケボノ_廣島大學櫻曼荼羅|ヤエアケボノ(八重曙) ''Cerasus serrulata'' 'Versicolor']] -> ひこばえなので要観察(2019年4月)
 +
*[[ヨウキヒ_廣島大學櫻曼荼羅|ヨウキヒ(楊貴妃) ''Cerasus serrulata'' 'Mollis']] ->  枯死確認(2019年3月) -> 2019年4月再導入
 +
 
 +
==Web上への反映状況==
 +
*2017.12.20 五十音順に[[カスミザクラ_廣島大學櫻曼荼羅|カスミザクラ]]までの学名・和名・ローマ字表記を修正.
 +
*2017.12.28 五十音順に[[ギョイコウ_廣島大學櫻曼荼羅|ギョイコウ]]までの学名・和名・ローマ字表記を修正.[]内の学名もシノニム synonym(その他)として掲載しておいた.
 +
*2018.04.20 全種の学名・和名・ローマ字表記を分かる範囲で修正.
 +
*2018.04.24 [[広島大学デジタル博物館:廣島大學櫻曼荼羅/正誤表|正誤表]]を公開.
 +
 
 +
==今後要検討==
 +
*p. 17 L.10 [[オオヤマザクラ_廣島大學櫻曼荼羅‎|オオヤマザクラ]]の花期の見直しが必要.
 +
*p. 29 L.8 「4月上旬から中旬」 ->「4月上旬~中旬」
 +
*p. 29 L.11 ヤマザクラ群栽培品種? -> ヤマザクラ群の詳細を冒頭にもってくる
 +
*p. 29 L.20 エドヒガン群栽培品種? -> 冒頭の解説と矛盾しているので訂正する
 +
*p. 32 ニシノミヤゴンゲンダイラザクラの学名のハイフン
 +
*p. 33 バイゴジジュズカケザクラの学名のハイフン
 +
*p. 35 L.6 カンザクラ群栽培品種? -> 確認する
 +
*p. 35 L.11 カンザクラ系? -> 確認する
 +
*p. 36 マツマエサラサの学名のオーサーネームに「Asari」がない? -> オーサーネームを入れる
 +
*p. 37 ミヤビの学名 -> オーサーを入れる
 +
 
 +
==[[広島大学デジタル博物館:廣島大學櫻曼荼羅/正誤表|正誤表]]==
 +
{{広島大学デジタル博物館:廣島大學櫻曼荼羅/正誤表}}
  
 
==備考==
 
==備考==
18行目: 104行目:
 
[[Category:廣島大學櫻曼荼羅‎]]
 
[[Category:廣島大學櫻曼荼羅‎]]
 
[[Category:広島大学]]
 
[[Category:広島大学]]
[[Category:広島大学植物園]]
+
[[Category:東広島植物園]]
 
[[Category:サクラ]]
 
[[Category:サクラ]]
 
[[Category:キャンパスツアー]]
 
[[Category:キャンパスツアー]]
 
[[Category:フェノロジー]]
 
[[Category:フェノロジー]]
 
[[Category:桜図鑑]]
 
[[Category:桜図鑑]]
 +
[[Category:QRコード]]

2021年5月12日 (水) 09:06時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 廣島大學櫻曼荼羅‎ > 東広島キャンパスのサクラに関する連絡事項

東広島キャンパスのサクラに関する連絡事項

サクラの現状

  • 2021.04.19 東福利会館南で,マメザクラ(豆桜)らしきサクラを確認.
  • 2021.04.18 2021年3月1日現在,76品種(野生種を含む)の生育が確認されており,62品種が開花見込みであったが,4月18現在,77品種(野生種を含む)の生育が確認されており,73品種が開花見込み.
  • 2021.04.11 ヒコビア植物観察会が行われ,八重咲きのサトザクラの仲間を中心に観察しました.
  • 2021.04.11 再植栽されたゴテンバザクラ(御殿場桜)が早速開花した.
  • 2021.03.11 再植栽されたイチハラトラノオ(市原虎の尾)が早速開花した.
  • 2021.03.08 東広島植物園に一時保護していたイチハラトラノオ(市原虎の尾)2本とゴテンバザクラ(御殿場桜)2本をIDECに再植栽.
  • 2021.02.26 施設保全チームと広島大学総合博物館東広島植物園CSRがフィールドナビの一環として8品種23本のサクラの苗を西駐車場に植栽(第4期植栽).
  • 2019.12.20 IDECの200番台のイチハラトラノオとゴテンバザクラを東広島植物園に一時保護.
  • 2019年4月現在,69品種(野生種を含む)の生育が確認されています.
  • 2019.04.23 IDECの200番台の樹勢の弱い苗以下の9株を東広島植物園に一時保護;「203 更紗桜」と「204 更紗桜」,「217 静香」,「219 静香」,「220 椿寒桜」,「222 椿寒桜」,「224 八重曙(ただし,ひこばえなので要観察)」,「229 数珠掛桜」,「230 数珠掛桜」.IDECで生存している200番台は15株.イチハラトラノオとゴテンバザクラは既にかなり展葉していたため,秋に移植することにした.
  • 2019.04.12 工学部西で,センダイヨシノ(仙台吉野)を再発見.69種・品種の生存を確認
  • 2019.04.02 マメザクラ(豆桜,フジザクラ,富士桜)の苗を1株植物園に導入.
  • 2019.03.15 センダイヨシノを除くと68品種の生存を確認(センダイヨシノは工学部西にあるはずだが再発見できず).
  • 2019.02.01 「107 椿寒桜」と「158 鬱金」に名札を変更.西駐車場とIDECの名札を清掃.
  • 2018年4月現在71品種(野生種を含む)の生育を確認.そのうち,66品種の写真が揃っている.
  • 2018.04.27 「059 河津桜」と「073 思川」,「216 花笠」,「218 静香」,「221 椿寒桜」,「223 八重曙」,「225 八重曙」,「231 梅護寺数珠掛桜」,「232 楊貴妃」,「233 楊貴妃」の枯死を確認.
  • 2018.04.20 「158 江戸(八重紅虎の尾)」がウコンであると思われる.
  • 2018.04.17 オオヤマザクラの花期の見直しが必要.
  • 2018.04.17 ヤエベニトラノオの学名を再確認する.Cerasus serrulata 'Yae-beni-toranowo' or Cerasus serrulata 'Yae-benitoranowo'
  • 2018.01.05 IDEC周辺と西駐車場のサクラの生育状況とラベルを再確認.泰山府君(タイザンフクン)と緑桜(ミドリザクラ)の枯死を確認.
  • 2017.04.04 西駐車場の「103 紅山桜」,「108 子福桜(コブクザクラ)」,「110 泰山府君(タイザンフクン)」,国際協力研究科(IDEC)周辺の「203 更紗桜(サラサザクラ)」,「206 駒繋(コマツナギ)」,「211 濃彼岸桜(コウヒガンザクラ)」「226 緑桜」,「227 緑桜」,「228 緑桜」,「232 楊貴妃」,「233 楊貴妃」の状態が悪いです.「紅華(コウカ)」が1本と「紅鶴桜(ベニヅルザクラ)」が名札落ち.
  • 2017.03.26 広島大学植物園西洋実桜(セイヨウミザクラ)の状態が悪いです.次回以降の植樹の参考にしてください.
  • 2017.03.24 西駐車場の「107 コブクザクラ」が子福桜(コブクザクラ)でない可能性あり. -> 並びで植えられているツバキカンザクラの名札の付け間違えと思われる.

サクラ導入履歴

第5期

第4期(2019-2021年)

改訂版への進捗状況

池田誠慈撮影の写真で補うもの

下記の18品種.

写真のないもの

Web上への反映状況

  • 2017.12.20 五十音順にカスミザクラまでの学名・和名・ローマ字表記を修正.
  • 2017.12.28 五十音順にギョイコウまでの学名・和名・ローマ字表記を修正.[]内の学名もシノニム synonym(その他)として掲載しておいた.
  • 2018.04.20 全種の学名・和名・ローマ字表記を分かる範囲で修正.
  • 2018.04.24 正誤表を公開.

今後要検討

  • p. 17 L.10 オオヤマザクラの花期の見直しが必要.
  • p. 29 L.8 「4月上旬から中旬」 ->「4月上旬~中旬」
  • p. 29 L.11 ヤマザクラ群栽培品種? -> ヤマザクラ群の詳細を冒頭にもってくる
  • p. 29 L.20 エドヒガン群栽培品種? -> 冒頭の解説と矛盾しているので訂正する
  • p. 32 ニシノミヤゴンゲンダイラザクラの学名のハイフン
  • p. 33 バイゴジジュズカケザクラの学名のハイフン
  • p. 35 L.6 カンザクラ群栽培品種? -> 確認する
  • p. 35 L.11 カンザクラ系? -> 確認する
  • p. 36 マツマエサラサの学名のオーサーネームに「Asari」がない? -> オーサーネームを入れる
  • p. 37 ミヤビの学名 -> オーサーを入れる

正誤表

正誤表
ページ
7 11 ソメイヨシノ カンザン
29 8 4月上旬から中旬 4月上旬中旬
29 21追加 エドヒガン群栽培品種 エドヒガン群栽培品種(ヤマザクラ群サトザクラ系栽培品種として扱われることもある)
47 21 Tel. 082-424-4214 Tel. 082-424-4212
47 追加 QRコードの商標は株式会社デンソーウェーブの登録商標です.

備考

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 廣島大學櫻曼荼羅‎ > 東広島キャンパスのサクラに関する連絡事項