「東広島キャンパスの両生類相」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館...」)
 
 
6行目: 6行目:
  
 
==参考文献==
 
==参考文献==
 +
*神林千晶・宇都武司・塩路恒生・倉林 敦・清水則雄.  2016.  広島大学東広島キャンパスの両生類相―外来生物の現状とその影響―.  広島大学総合博物館研究報告 8: 17-29 [http://home.hiroshima-u.ac.jp/museum/siryou-data/kennkyuuhoukoku8/02kanbayashi.pdf PDF]
  
 
==関連ページ==
 
==関連ページ==

2019年5月1日 (水) 22:56時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > 東広島キャンパスの両生類相

東広島キャンパスの両生類相

東広島キャンパスでは7科10種の両生類の生息が確認されている(神林ほか 2016).

無尾目 Anura

ヒキガエル科 Bufonidae

アマガエル科 Hylidae

アカガエル科 Ranidae

ヌマガエル科 Dicroglossidae

アオガエル科 Rhacophoridae

有尾目 Caudata

サンショウウオ科 Hynobiidae

イモリ科 Salamandridae

備考

参考文献

  • 神林千晶・宇都武司・塩路恒生・倉林 敦・清水則雄. 2016. 広島大学東広島キャンパスの両生類相―外来生物の現状とその影響―. 広島大学総合博物館研究報告 8: 17-29 PDF

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > 東広島キャンパスの両生類相