「Plagiomnium acutum」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
20行目: 20行目:
  
 
http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/habit/moss_habit/Plagiomnium%20acutum/images/plagiomnium-acutum01L.jpg
 
http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/habit/moss_habit/Plagiomnium%20acutum/images/plagiomnium-acutum01L.jpg
 +
写真:高知市曙町高知大学キャンパス.4月28日
  
 
*[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/habit/moss_habit/Plagiomnium%20acutum/Plagiomnium_acutum.html コツボゴケの形態]
 
*[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/habit/moss_habit/Plagiomnium%20acutum/Plagiomnium_acutum.html コツボゴケの形態]

2012年10月31日 (水) 05:42時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > コケ植物(蘚苔類) > 情報 > コケ図鑑 > 蘚類 > P > Plagiomnium acutum

コケ図鑑 -蘚苔類写真集-

Plagiomnium acutum (Lindb.) T.J.Kop. コツボゴケ

シノニム

分類

Mniaceae

ノート

  • 東アジアからヒマラヤに分布し,日本では北海道~琉球の低地~山地で見られる.比較的明るく,適湿な地上,土上をかぶった岩上,倒木上に生える.
  • 人家の庭先にもよくみられるふつうの種.
  • 雌雄異株.雌植物の茎頂の葉は通常葉より大きくなる.その内側の葉は著しく小さくなり雌苞葉perichaetial leavesと呼ばれる.ふつうその茎頂には10数個の造卵器がある.
  • 植物体は匍匐するが,胞子体ができる際は直立する.
  • 細胞が大きく,観察に向いている.
  • 北日本では本種よりもツボゴケが多い.ツボゴケは本種よりやや大きくて雌雄同株(コツボゴケは雌雄異株)であるので区別できる.

写真

plagiomnium-acutum01L.jpg 写真:高知市曙町高知大学キャンパス.4月28日


デジタル自然史博物館 / 植物トップ / コケ にもどる