アンズ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
アンズ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 中村 創, Jun. 25, 2021)

アンズ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名

  • アンズ

学名

  • Prunus armeniaca L.

分類

  • バラ科 Rosaceae

分布

  • 中国北部からモンゴル原産の栽培種.

東広島キャンパスの花期

  • 3月

特徴

  • バラ科スモモ属の落葉小高木.
  • 系統的にはウメに近く交配しやすい.授粉木に用いられたり品種改良に用いられたりする.
  • 孔子が学問を講じた壇のまわりに杏(アンズ)の木があったところから,学問を教える場所のことを「杏壇(きょうだん)」という.
  • 東広島キャンパスでは,総合科学部周辺に植栽されている.

English

English name

  • apricot

Scientific name

  • Prunus armeniaca L.

Taxonomy

  • Rosaceae

Distribution

  • Cultivated species native to northern China and Mongolia.

Flowering season

  • March

Notes

  • Small deciduous tree of the genus Prunus in the Rose family, Rosaceae.
  • Phylogenetically close to Japanese apricot and easy to hybridize. This species is used for pollination and breeding.
  • The place where Confucius taught is called "Kyodan," from the apricot trees that surrounded the platform where he taught his studies.
  • At the Higashi-Hiroshima Campus, the trees are planted around the School of Integrated Arts and Sciences.

中文

中文名 Chinese name

科学名

  • Prunus armeniaca L.

分类

  • 蔷薇科

分布

  • 中国北部和蒙古国

开花季节

  • 三月

解说

  • 蔷薇科杏属落叶小乔木。
  • 在植物体系中和梅可以很轻易交配。 经常用做授粉植物或者品种改良。
  • 孔子做学问地方的讲坛附近有很多杏,所以做学问的地方又叫杏坛。
  • 在东广岛校园内,综合科学部周围都有种植。

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > アンズ