イズモマイマイ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > イズモマイマイ

イズモマイマイ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 7, 2021)
ベニタケを食べるイズモマイマイ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 15, 2021)
イズモマイマイの交接.恋矢(矢印が指している突起)を相手に突き刺す.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎,Sep. 14, 2021)
イズモマイマイの殻表面の打痕.雪平鍋のような細かい窪みが目立つ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 7, 2021)

イズモマイマイ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • イズモマイマイ

学名

  • Euhadra idzumonis

分類

  • オナジマイマイ科 Bradybaenidae

分布

  • 中国地方.

解説

  • 殻径50 mmに達する大型のカタツムリ.
  • 軟体部はまだら模様.
  • 殻の表面に打痕という細かな窪みを有する.
  • セトウチマイマイに似るが,軟体部背面に明瞭な黒筋が入らない.
  • 林床を這い,主にキノコを食べる.
  • 東広島キャンパスの個体は小型のものが多く,殻径は35 mmほど.
  • 東広島キャンパス内では見られるポイントが限られている.

備考

参考文献

  • 武田晋一・西 浩孝. 2015. カタツムリ ハンドブック. 128 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > イズモマイマイ