イボタガ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > イボタガ

イボタガの成虫.繊細な模様を持つ大型の蛾.キャンパス周辺でも個体数は少なくない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, Apr. 11, 2017)
イボタガの幼虫.突起は若齢幼虫のみ存在する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 12, 2019)
ネズミモチの葉を食べるイボタガの終齢幼虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 25, 2021)

イボタガ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • イボタガ

学名

  • Brahmaea japonica

分類

  • イボタガ科 Brahmaeidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州,屋久島

解説

  • キャンパス周辺では3月下旬頃から羽化が始まる.
  • 幼虫は5-6月に見られ,弱齢幼虫には黒く長い突起が見られる.
  • 食草はイボタノキネズミモチ等,モクセイ科の植物.

ギャラリー

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > イボタガ