クルマバッタモドキ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クルマバッタモドキ

クルマバッタモドキ成虫(オス).オスはメスより小柄.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 14, 2018)
クルマバッタモドキ成虫(メス).クルマバッタの褐色型に似るが,胸部が盛り上がらず複眼の横に明瞭なくさび形の黒斑がない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct 2, 2018)
クルマバッタモドキ成虫(メス)の緑色型.トノサマバッタやクルマバッタと紛らわしい.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct 2, 2018)
クルマバッタモドキの後翅.クルマバッタ同様黒い輪のような模様がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 15, 2020)
クルマバッタとクルマバッタモドキの胸部の比較図.クルマバッタモドキの胸部には1対の白いくの字の線が認められるが,クルマバッタには認められない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎)

クルマバッタモドキ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Oedaleus infernails

分類

  • バッタ科 Acrididae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 茶褐色あるいは緑色と灰色のまだら模様のバッタで,オスよりメスのほうが大きい.
  • 丈の低い草地(乾燥や湿潤を問わない)に多い.
  • クルマバッタとの違いは,胸部を上から見たときに一対の白いくの字模様があること(褐色型のみ),胸部背面が隆起しないことなど.
  • 緑色型はトノサマバッタと紛らわしいが,より小型で後翅に黒い輪状の斑紋がある.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クルマバッタモドキ