コブシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
コブシ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 4, 2017)
コブシの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 4, 2017)

コブシ(広島大学東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名

学名

  • Magnolia kobus DC.

分類

  • モクレン科 Magnoliaceae

分布

  • 北海道から九州,国外では済州島に分布.

広島大学東広島キャンパスでの花期

  • 3月

特徴

  • 3月頃,展葉に先立って開花する.普通は花の基部に小型の若葉が1枚つくことで,同属のタムシバと区別できる.
  • 果実は成熟すると赤紅色になる.コブシの仲間は集合果をもつものが多く,扁平状~球形の袋果(たいか)が複数個結合した状態.
  • 和名の由来には諸説あるが,和名の「コブシ」がそのまま学名と英名になっている.
  • 東広島キャンパスでは,中央図書館前や総合科学部周辺に植栽されている.

English

English name

  • kobushi
  • kobus magnolia

Scientific name

  • Magnolia kobus DC.

Taxonomy

  • Magnoliaceae

Distribution

  • Distributed from Hokkaido to Kyushu, and in Jeju Island (Korea).

Flowering season

  • March

Notes

  • Flowering occurs prior to leafing. Magnolia kobus is distinguishable from Magnolia salicifolia (willow-leaved magnolia) by the presence of a small young leaf usually at the base of the flower.
  • The fruits become crimson red when mature. Many species of the genus Magnolia have aggreagate fruit, which consist of several flat to spherical follicles joined together.
  • Its Japanese name "kobushi" has many theoried explaining the origin of the name, but ultimately "kobushi" has been used as the scientific name and the common name.
  • On Higashi-Hiroshima Campus, kobushi is planted in front of the Central Library and around School of Integrated Arts and Sciences.

中文

中文名 Chinese name

  • 白玉兰

科学名称

  • Magnolia kobus DC.

分类

  • 木兰科 Magnoliaceae

分布

  • 在日本分布在从北海道到九州的广大区域,日本之外,主要分布在济州岛。

开花季节

  • 三月

解说

  • 3月左右开花,在叶子发育之前。 通常,它可以通过附着在花的基部的小嫩叶与同属的其他物种区分开来。
  • 果实成熟后呈红红色。 许多木兰果实是砾石状的,由几个扁平到球形的袋状果实组成。
  • 关于这个日本名字的起源有很多理论,但日本名字 "kobushi "一直被用作学名和英文名。
  • 在东广岛校区,它被种植在中央图书馆前和综合科学部周围。

ギャラリー Gallery 画廊

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > コブシ