ゴイシシジミ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ゴイシシジミ

ゴイシシジミの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 9, 2021)
ゴイシシジミの成虫.ササ類の茂る環境に多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 11, 2020)
陽を浴びるゴイシシジミの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 16, 2019)

ゴイシシジミ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Taraka hamada

分類

  • シジミチョウ科 Lycaenidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 笹薮でよく見られる.
  • 前翅は白地に大きい黒斑が並び,碁石のようである.
  • 幼虫はササコナフキツノアブラムシなどを捕食する肉食性.
  • 成虫はアブラムシの分泌する甘露を吸う.
  • 東広島キャンパスでの個体数は少ない.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ゴイシシジミ