タマゴテングタケモドキ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > タマゴテングタケモドキ

タマゴテングタケモドキ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Aug. 30, 2019)
タマゴテングタケモドキ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 27, 2020)

タマゴテングタケモドキ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • タマゴテングタケモドキ
  • アカハテングタケ

学名

  • Amanita longistriata

分類

  • テングタケ科 Amanitaceae

解説

  • 夏期に広葉樹林の地上に発生する.
  • 東広島キャンパスでは6~7月にブナ科樹木の樹下でよく見られる.
  • ひだが淡紅色をしていることからアカハテングタケの名がある.
  • ひだが淡紅色をしている点でツルタケダマシなどの類似種と区別できる.
  • 傘上面の縁には長めの条線がある.
  • 柄に膜状のつばがある.
  • 毒性があり不食とされる.

備考

参考文献

  • 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄(編著). 2011. 山溪カラー名鑑 日本のきのこ, 増補改訂新版. viii + 639 pp. 山と溪谷社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > タマゴテングタケモドキ