ミヤマオビオオキノコムシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ミヤマオビオオキノコムシ

ミヤマオビオオキノコムシの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 12, 2020)
交尾中のミヤマオビオオキノコムシ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 5, 2020)

ミヤマオビオオキノコムシ

和名

学名

  • Episcapha gorhami

分類

  • オオキノコムシ科 Erotylidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 丘陵~山地の雑木林で見られる.
  • 鞘翅に黄褐色の斑紋があり,タイショウオオキノコムシやヒメオビオオキノコムシに比べると斑紋の黄色味が強い.
  • 体形は細長い楕円形.
  • ヒメオビオオキノコムシより一回り大型で,複眼同士の距離が大きく開く.
  • カワラタケなどの硬質菌を食べる.
  • キノコゴミムシとは斑紋の色や大きさが近く,同じ環境で見られる.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多く,ががら山や陣ヶ平山の林内にあるキノコに覆われた朽ち木で見つかることが多い.

備考

参考文献

  • 槐 真史・伊丹市昆虫館. 2013. ポケット図鑑日本の昆虫1400 (2) トンボ・コウチュウ・ハチ. 320 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ミヤマオビオオキノコムシ