ヨツボシケシキスイ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヨツボシケシキスイ

ヨツボシケシキスイの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 25, 2021)
樹液に集まるヨツボシケシキスイ成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 12, 2018)
ヨツボシケシキスイの成虫(オス).小さいので樹皮の隙間に潜り込んで樹液をなめることができる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 25, 2019)

ヨツボシケシキスイ

和名

学名

  • Glischrochilus (Librodor) japonius

分類

  • ケシキスイ科 Nitidulidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州に分布.

解説

  • 樹液に集まる.
  • オスは左右非対称の大きなアゴをもつ.
  • 東広島キャンパスでの個体数はふつう.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヨツボシケシキスイ