「アマガエルとアオガエルの見分け方」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(同じ利用者による、間の4版が非表示)
1行目: 1行目:
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県のカエル]] > [[アマガエルとアオガエルの見分け方]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] </span>
+
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[動物メインページ]] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県の両生類]] > [[アマガエルとアオガエルの見分け方]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] </span>
 
=アマガエルとアオガエルの見分け方=
 
=アマガエルとアオガエルの見分け方=
[[ニホンアマガエル]]と[[シュレーゲルアオガエル]],[[モリアオガエル]]はよく混同されるが次のような特徴から見分けることができる.
+
[[ニホンアマガエル]]と[[シュレーゲルアオガエル]],[[モリアオガエル]]はよく混同されるが次のような特徴から見分けることができる(このページの写真はクリックすると拡大します).
  
 
*[[ニホンアマガエル]]は鼻腔から目を通り鼓膜にかけて黒い模様がある.周囲の環境の色によって緑色から茶色に変化することができ,茶色くなると背中に雲状の模様が現れる.アオガエル2種に比べ鼻先に丸みがある.
 
*[[ニホンアマガエル]]は鼻腔から目を通り鼓膜にかけて黒い模様がある.周囲の環境の色によって緑色から茶色に変化することができ,茶色くなると背中に雲状の模様が現れる.アオガエル2種に比べ鼻先に丸みがある.
12行目: 12行目:
 
ファイル:20150626モリアオガエル成体オス_廿日市市大野町_田守撮影_DSC_0571.JPG|200px|thumb|right|モリアオガエルの成体(オス).虹彩の色は赤みを帯びる.オスはメスに比べて吻端が尖る.(広島県廿日市市大野町; 撮影: 田守泰裕, Jun. 26, 2015)
 
ファイル:20150626モリアオガエル成体オス_廿日市市大野町_田守撮影_DSC_0571.JPG|200px|thumb|right|モリアオガエルの成体(オス).虹彩の色は赤みを帯びる.オスはメスに比べて吻端が尖る.(広島県廿日市市大野町; 撮影: 田守泰裕, Jun. 26, 2015)
 
</gallery>
 
</gallery>
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20211018ニホンアマガエル成体_東広島市豊栄町_池田撮影_PA186440s.JPG|250px|thumb|right|ニホンアマガエル成体の頭部側面(拡大).鼻腔から目を通り鼓膜にかけて黒い模様がある.吻端は丸みをおびる.(広島県東広島市豊栄町乃美; 撮影: 池田誠慈, Oct. 18, 2021)
 +
</gallery>
 +
==見分け方に関連するページ==
 +
===両生類===
 +
{{テンプレート:カエルの見分け方}}
  
==見分け方に関連するページ==
+
===爬虫類===
 
{{テンプレート:爬虫類の見分け方}}
 
{{テンプレート:爬虫類の見分け方}}
{{テンプレート:カエルの見分け方}}
+
 
 +
===鳥類===
 +
[[ダイサギ・チュウサギ・コサギの見分け方|ダイサギ・チュウサギ・コサギの見分け方]]
 +
 
 
----
 
----
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県のカエル]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] にもどる</span>
+
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[動物メインページ]] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県の両生類]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] にもどる</span>
  
 
[[Category:動物]]
 
[[Category:動物]]

2021年10月26日 (火) 16:55時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 動物メインページ > 郷土の動物 > 広島県の両生類 > アマガエルとアオガエルの見分け方 | 広島県の動物図鑑 / 和名順

アマガエルとアオガエルの見分け方

ニホンアマガエルシュレーゲルアオガエルモリアオガエルはよく混同されるが次のような特徴から見分けることができる(このページの写真はクリックすると拡大します).

  • ニホンアマガエルは鼻腔から目を通り鼓膜にかけて黒い模様がある.周囲の環境の色によって緑色から茶色に変化することができ,茶色くなると背中に雲状の模様が現れる.アオガエル2種に比べ鼻先に丸みがある.
  • シュレーゲルアオガエルの体色はたいてい緑色で,土に潜っている時などは赤褐色に体色変化している.背中に模様はない.顔にアマガエルのような模様はなく,また,虹彩の色が金色であることでモリアオガエルと見分ける.
  • モリアオガエルの体色は一般的に緑色である.シュレーゲルアオガエル同様,顔に模様はない.集団によっては背中に赤褐色の模様がある.虹彩の色が赤いことでシュレーゲルアオガエルと見分ける.またシュレーゲルアオガエルより大型である.

見分け方に関連するページ

両生類

爬虫類

鳥類

ダイサギ・チュウサギ・コサギの見分け方


広島大学 > デジタル自然史博物館 > 動物メインページ > 郷土の動物 > 広島県の両生類 | 広島県の動物図鑑 / 和名順 にもどる