「アリタソウ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(同じ利用者による、間の2版が非表示)
18行目: 18行目:
 
> 双子葉植物綱 Dicotyledoneae
 
> 双子葉植物綱 Dicotyledoneae
 
> [[ヒユ科|ヒユ科 Amaranthaceae(APG分類体系)]]([[アカザ科|アカザ科 Chenopodiaceae]])
 
> [[ヒユ科|ヒユ科 Amaranthaceae(APG分類体系)]]([[アカザ科|アカザ科 Chenopodiaceae]])
> [[アカザ属|アカザ属 ''Chenopodium'']]
+
> [[アリタソウ属|アリタソウ属 ''Dysphania'']]([[アカザ属|アカザ属 ''Chenopodium'']]
  
 
== 解説==
 
== 解説==
 
=== 花期 ===
 
=== 花期 ===
 +
*宮島の標本について葉緑体''rbcL''などの配列が登録されている([[Phan_Nakahara-Tsubota_Inoue_Tsubota_2021|Phan et al. 2021]]).
  
 
== 分布・産地・天然記念物 ==
 
== 分布・産地・天然記念物 ==

2022年1月16日 (日) 17:07時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > アリタソウ(ケアリタソウ) | 広島県の植物図鑑 / 和名順

アリタソウ(ケアリタソウ) Dysphania ambrosioides (L.) Mosyakin & Clemants

シノニム

  • Dysphania ambrosioides (L.) Mosyakin et Clemants
  • Dysphania chilensis (Schrad.) Mosyakin et Clemants
  • Chenopodium ambrosioides L. var. pubescens (Makino) Makino
  • Chenopodium ambrosioides L. var. chilense (Schrad.) Speg.
  • Chenopodium ambrosioides L.
  • Ambrina ambrosioides (L.) Spach var. pubescens (Makino) Makino ex Kitag.

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ヒユ科 Amaranthaceae(APG分類体系)アカザ科 Chenopodiaceae) > アリタソウ属 Dysphaniaアカザ属 Chenopodium

解説

花期

  • 宮島の標本について葉緑体rbcLなどの配列が登録されている(Phan et al. 2021).

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 安芸津町榊山神社(yy-7638),府中町石井城(yw-2289),呉市休山(hh-7205),倉橋島(sy-636),新市町京の上山(sf-9997),広島市倉掛(yw-2528),千代田町猿喰山(mt-17066)
  • (ケアリタソウとして)広島市鳴(in-9020),東広島市落合(yy-7484),府中町城が丘(yw-3701),三良坂町田戸(ts-10937),熊野町萩原(mt-14174),廿日市市後畑(yw-9649),宮島(ts-529),呉市天応(yy-14489),福山市川尻(sf-3916)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 15710
    • 環境庁コード: 15700(ケアリタソウとして)
  • 帰化

DNA data/barcording

cp rbcL gene

cp psbA–trnH non-coding region

cp trnL–trnF non-coding region

nr 18S rRNA gene and ITS region

nr ITS region

文献(出典)

インターネットリソース


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる